スタイリスト アシスタント募集

スタイリスト アシスタント募集にあたって

ニュートラルではファッションを対象としたスタイリスト及びアシスタントの育成とマネージメント業務に力を入れています。
スタイリストの仕事やアシスタントの仕事がわからないまま専属のアシスタントになるのが従来の形ですが、ニュートラルではスタイリストとしての仕事を理解し、アシスタントとしての仕事を覚えた上で、自分が進みたい分野のスタイリストにアシスタントとして就けるように育成しています。

何故様々な分野のスタイリストアシスタントの仕事を体験してから就くスタイリストを探したほうがいいのかについて

(1)様々な仕事を経験する事により、将来進みたい分野が絞り込めます。それは、ファッション誌のスタイリストになる事を希望してニュートラルに入ってこられる方でも、色々な仕事を手伝っていくとコマーシャルのような映像のほうが自分に向いていて楽しいと気持ちの変わる人がたくさんいます。その場合はコマーシャルの仕事をしている方に就かないと意味がありません。(また逆もあります。)就くスタイリストで自分の将来が決まってきます。将来を左右するスタイリストを選択することはとても大事な事と考えています。

(2)面接に来られる方で、自分が就きたいと思っていた方の面接に行ったら「アシスタントの仕事ができるようになったら、もう一度来て」と言われたという人がたくさんいます。有名な方ほど応募してくる人も多く、その中で仕事を教えなくてもできる人が選ばれる傾向が多いです。何故なら、仕事が忙しい中で一から教えていくのは大変なことだからです。また、東京の地理や交通機関が理解できていない人はアシスタントとしてはマイナスです。ニュートラルにいる間に、アシスタントの仕事や東京の地理を覚えて、より就きたいスタイリストに就けるようにステップアップして欲しいと考えています。

以上のようなことからファッション、コマーシャル、テレビ、カタログなど各分野の仕事を手伝うことで自分の進みたい分野を見つけて、就きたい人を選んで欲しいと思っています。また、アシスタントに就かないでスタイリストになることも可能ですが、専属のアシスタントを経てから独立したほうが業界でのつながりもでき、将来仕事をする上で有利なのではないかと考えています。

プロのアシスタントとして経験をつみ、専属アシスタントとして就けた時は一旦ニュートラルを離れることになりますが、ニュートラルではスタイリストのマネージメントもしているので、独立した時にはスタイリストとして戻ってきてくれることを望んでいます。その為にも、まずは一人でも多くのアシスタントが希望のスタイリストに就けるように、良く話し合いをしながらサポートをしていきたいと思っています。

また、毎日出られる方はもちろんですが、バイトをしながら所属したいという方も歓迎します。
大学生、専門学校生も可能です(服飾関係の学校でない方でも構いません)。
アシスタント経験のある方、現在アシスタントをされている方、またフリーとして独立はしたけれどもまだ自分の仕事だけでは収入が足りない方なども大歓迎です。

人と人とのつながりを大切に考え、がんばりたいという方を応援していきたいと思っています。

▲TOP