卒業生・アシスタントの声

卒業生(専属アシスタント)

ニュートラルでのアシスタント経験を経て、現在専属で付いているアシスタントへのインタビューです。
ニュートラル内外を問わず本人が希望したスタイリストの方に付いてがんばっているアシスタントです。


堀内 ゆう子 Yuko Horiuchi
血液型 : -
出身地 : 東京
専属アシスタント歴 : 1年(2015年3月現在)


  • Q1.スタイリストを志したきっかけは?
    TPOに合わせたコーディネートを考える事が楽しく、それを仕事にしたいと考えた時『スタイリスト』という職業を知り、志そうと思いました。
  • Q2.当時、スタイリストアシスタントの仕事をするのにニュートラルを選んだのはなぜ?
    ホームページの印象が良かったことと、面接の時マネージャーさんが頼りになりそうだと感じたためです。
  • Q3.ニュートラルのアシスタント時代と専属でアシスタントに付くので違うところは?
    一言で言ったら『責任』が違います。任される事も増えて、仕事は大変になりますが、やりがいは増えると思います。
  • Q4.専属のアシスタントについて良いところと大変なところを教えてください?
    任されることが多くなり責任が伴うことは大変だと感じますが、それ以上に仕事に深く関われ、やりがいも増すのでそこまで専属になることにマイナスなイメージはありません。
  • Q5.アシスタントの仕事のやりがいは?
    自分が関わったもの・ことが形(私の場合雑誌)になることです。
  • Q6.印象に残っている仕事は?
    去年(2014年)夏頃の仕事です。撮影が連日あり、目まぐるしく日々が過ぎてとても大変でしたが、全て良い形になったことです。振り返って『大変だったけど、やり切れて良かった!』と思いました。
  • Q7.平均睡眠時間は?
    5時間程度。少なくても3時間は寝るようにしています。
  • Q8.ストレス解消法は?
    寝ること(笑)
    高校や大学の友達と遊ぶこと...です!
  • Q9.最近の趣味、マイブームは?
    『作ること』は昔から好きで、時間がある時やってます。
  • Q10.師匠から受け継いでいることは?
    『仕事は丁寧に迅速に...でも、楽しく笑顔でやること』でしょうか...。
  • Q11.今後の目標は?
    これまでは与えられた仕事をこなすだけで精一杯でしたが、これからは求められる以上の仕事をし、一歩一歩独立へ向かっていきたいと思います。
  • Q12.同じ仕事を志す人たちにひとことお願いします。
    スタイリストという仕事は大変です。ですが、努力は必ず報われる。『継続は力なり』です!