卒業生・アシスタントの声

所属アシスタント

現在、ニュートラルに所属しているアシスタントへのインタビューです。


高石奈緒子 Naoko Takaishi
血液型 : O
出身地 : 京都
生年月日 : 1999年1月
所属歴 : 半年未満(2021年6月現在)


  • Q1.ニュートラルに所属する前は何をしていましたか?
    服飾学生
  • Q2.なぜ、ニュートラルを選んだのですか?
    アルバイトしながらでも働けるからです。
  • Q3.ニュートラルに入ってどうですか?
    様々な現場を経験できています。
    失敗したり上手くいかないこともたくさんありますが、最初からできることをしたって面白くないと思っているので、できないからやるの!と心で唱えながら働いています。
  • Q4.実際、スタイリストさんのアシスタントとして仕事をしてみてどうですか?
    いろんなスタイリストさんがいらっしゃっるのでその方に合わせた対応が必要になります。
    今はまだ、自分の知識や技術が足りず、不甲斐ないばかりですが、できるようになればとてもやりがいのあるお仕事だと思います。
  • Q5.仕事をしていて楽しかったこと、大変だったことを教えてください。
    服に携わるお仕事ができること自体がとても楽しいです。
    ピックアップ、返却などのお仕事では、大荷物で街を歩いたり、電車に乗ったりするので大変です。
  • Q6.印象に残っている仕事は?
    地元企業の、商品宣伝用の撮影です。
    馴染みのある企業のお仕事に関われて嬉しかったです。
    本社から来られている方もいらっしゃって、地元の方言が現場で聞こえてくるのが、不思議な感覚でした。
  • Q7.アシスタントの仕事のやりがいは?
    スタイリストさんに、「ありがとう」や「助かった」などと言ってもらえたときには、やりがいを感じると共に、もっと仕事ができるようになりたい!と思います
  • Q8.好きな食べ物は?
    スイーツ全般
  • Q9.最近の趣味、マイブームは?
    ゲーム実況を見ることと、自炊をすることです。
  • Q10.今後の目標は?
    服で人を笑顔にできるような仕事ができる人になるのが最終目標です。
    そのために、まず今はアシスタントとしての仕事を”ものにする”ことが目標です。
  • Q11.同じ仕事を志す人たちにひとこと
    不安に思う時や辛いなあと思う時もたくさんあると思います。
    でも、自分で、やる!と決めたことならば、最後まで貫いて、少しずつでも成長していける自分の変化を楽しんでいきましょう。継続は力なり!